向ヶ丘遊園地閉園後の跡地決めは進んでる?

レジャー
スポンサーリンク

向ヶ丘遊園跡地が閉園され
一部には2008年に藤子・F・不二雄ミュージアムが開設されましたが、
敷地の大部分は放置されたままです。

今後の予定はどうなっているのでしょうか?

多摩丘陵の自然を生かした
「花と緑の遊園地」であった
川崎市多摩区の向ヶ丘遊園。

閉園して久しく立ちますが
現在
向ケ丘遊園地の跡地は
手付かずのまま
広大な土地が放置されているように見えます。

そんな
向ケ丘遊園地閉園跡地についてリサーチしました。

スポンサーリンク

向ヶ丘遊園閉園後の跡地決めは進んでる?

随分前から未整備のままで今日に至っています。

現在空き地になっている向ヶ丘遊園の跡地は、
小田急電鉄による、
・温浴施設
・商業施設
・キャンプ場の建設計画が進行中という噂があります。

竣工予定日は2023年で
工事完了予定日は2023年12月31日という事です。

現在上記計画のために
水質検査など建設前の準備をしているという噂です。

向ヶ丘遊園跡地の場所やアクセスは?

【アクセス】:小田急線向ヶ丘遊園駅から徒歩約15分

向ヶ丘遊園閉園後の跡地の口コミは?

・御殿場のファミリーランドでしたか?が商店街、アウトレットモールになったのとは違い、なにやら面白そうな計画ですね。グランピングと温泉、だとすると宿泊できるのかしら?

広い敷地です。

早く整備されて
近隣住民の憩いの場になるといいですね。

タイトルとURLをコピーしました